東洋理研 医療機器事業部は、ギプス材 GRスプリント ・ GRキャスト・もようキャストの日本総販売代理店です

Top / GRスプリント_Splint
「GRスプリント」

新時代のギプス・シーネ「GRスプリント」をご紹介いたします

「GRスプリント」には

いずれのタイプも、「芯材にグラスファイバーを使用していない」という点が最大の特徴です
従来のグラスファイバー使用製品と同じようにギプス処置にご利用頂けるうえ
芯材にグラスファイバーを使用していないことで、「患者さん」と「ドクター」に多くのメリットをご提供出来るようになりました
こちらからGRスプリントによるギプス処置の様子が動画でご覧頂けます

柔らかく巻き易いうえ、成型性・加工性に優れています

ご採用いただいたドクターから頂く一番多いお声は
「柔らかくて、巻き易い」というご評価です

画像の説明

例えば、足関節を固定する場合、腫張が予想される部位は
ギプスを外側に捲り返して固定する等が可能です。
柔らかく巻き易い「GRスプリント」は
ドクターのギプス固定のバリエーションを拡げるお役に立ちます。

画像の説明

柔らかく巻き易い「GRスプリント」は人体の曲線に馴染んで、
より細かいモールディングを可能にします。

芯材にはポリエステル製の不織布を用いています

「柔らかくて、巻き易い」その最大の理由は、
芯材にポリエステル製の不織布を用いてことによります

芯材に設けた通気孔は通気性と成形性の向上させる役目があります

画像の説明

芯材に設けられた通気孔は、患部の通気性を確保してムレを防ぎます

画像の説明

通気孔は通気性を確保するだけではなく、通気孔が伸縮することでラウンディングが自然になり、モールディングの際にシワが生じるのを防ぎ、成形性を向上させます

画像の説明

通気孔が無い場合、ラウンディングによるシワが生じ易くなります

はさみで簡単に切欠き加工が出来ます

画像の説明

一次硬化中の「GRスプリント」はクラフトはさみ等で簡単にカットが出来ます。
エッジングの処理を容易にし、切断面にグラスファイバーが露出しないため、
切欠いた部位に特段のケアを要しません。

切断面が滑らかで患者さんにチクチクする不快感を与えません

画像の説明

グラスファイバーを使用していないため、「GRスプリント」の切断面は滑らかで、
パットで覆ったり、トリミングする手間が不要です。
ギプスを装着中の患者さんに、チクチクする不快感を与えることもありません。
また、ギプス装着中のお子さんが、誤って自分や他のお子さんを傷付ける心配もありません。

ラジオルーセントです(X線透過性に優れています)

実際に「GRスプリント」を装着した状態で撮影されたレントゲン写真です

「GRスプリント」は、ポリエステルを素材として作られています。
ポリエステルはX線を透過させるため、「GRスプリント」を装着したままレントゲン撮影をしても、読影し易いクリアな画像が撮影可能です。
X線撮影のたびにギプスを外す手間・時間と消耗材をセーブするうえ、
PACS等で局所拡大視すると、そのメリットを更に大きく実感頂けます。
患者さんへ症状を説明するにも分かりやすい親切な画像となります。

<左の画像をクリックすると拡大画像をご覧頂けます>

左手が「GRスプリント」、右手が「グラスファイバー使用製品」です

左の画像は、左手に「GRスプリント」、右手に「グラスファイバー使用製品」をそれぞれ装着して、同じ線量・線質の下で撮影されたレントゲンの比較画像です。

<画像をクリックすると拡大画像をご覧頂けます>


「GRスプリント」は患者さんのQOLを重視した製品です

肌触りの良い高級素材を採用しています

画像の説明

患部に触れる素材には高級極細糸を使用しています。
肌触りが良く、クッション性にも優れています。

撥水加工が施してあります

画像の説明

患部に触れる素材(抗菌性フェルトパッド)には、
表裏両面に撥水加工が施してあります。
これにより、芯材に含まれた水分が患部側に染み出すのを防ぎ、
患部側も早く乾いて、湿った不快感を取り除くのに役立ちます。

抗菌処理が施してあります

画像の説明

抗菌処理により、臭いやお肌のトラブルを軽減いたします。

薄くて、軽量です

画像の説明

「GRスプリント」は薄くて軽量です。
女性やお年寄りに、より負担の少ない作りになっています。



▲このページのトップへ戻る

GRスプリント_Splint